97/09/18赤石山ー野反湖縦走

 去年の敗退(詳しくは 遭難でしょ? )に気もめげず再挑戦しました。地図の読解力も高め気合い一発さあ行くぞ!と、いうのは大げさで、実は 赤石山ーダン沢の頭 間が、業者により刈り払われたとの情報を得、縦走する機会をねらっていたところ、横手山頂ヒュッテから志賀高原救助隊が訓練で縦走するとの連絡を受け、一も二もなく「参加させて下さい!」と、いう次第です。


4:30 大沼池入り口清水に集合、小雨の降る中、総勢40名近くいる。各班ごとに点呼しマイクロバス2台で大沼池池尻へ(清水から大沼池池尻までは一般車両通行止め)。これで徒歩1時間分を稼いだことになる。


6:00 大沼池池尻を出発。なだらかな湖畔を過ぎ、だんだん急登となるがペースが落ちない。「さすが救助隊」と感心する。最初歩きやすかった木の階段がだんだんきつくなる。


7:00 忠右衛門新道の分岐。「おーい、トップ早過ぎるぞ」の声。そりゃそうだ、特定少数の健脚ならいざ知らず全員がこのペースで歩けるのなら怪物集団だ。


7:20 赤石山山頂。相も変わらず小雨、台風の影響らしいが風はきつくない。残念ながら、ガスがかかり展望も望めない。朝食を済ませ7:45出発。


7:50 仙人池。湿地帯に周囲30mほどの浅い小さな池がある。周囲は水芭蕉、内側はその子供みたいなヒメカイウがいっぱいで、モリアオガエルの生息地でもある。


8:30 湯ノ沢ノ頭付近で10分ほど休憩。「付近」というのも、広い尾根でガスもかかり確定する要素が少ないからだ。この頃になると、途中プレートを付けながら歩いているせいかペースも良くなる。


9:10 ダン沢ノ頭西鞍部で10分ほど休憩。途中見覚えのある所が数カ所あった。去年の苦労が脳裏に浮かぶ。刈り払った根曲がり竹が角の様に地面から出、決して歩きやすいとは言い難いが、藪こぎの事を思えば「ルンルン」鼻歌が歌えますよー!。緊急時ヘリポートとして使用できそうな平ら有り。


9:40 ダン沢ノ頭。鞍部より急登すると、複数枚のプレートと三角点。見晴らしの良さそうなピークに出る。これよりオッタテ峰北西鞍部まで降下。


10:10 オッタテ峰。これも晴れていれば見晴らしの良さそうなピークだ。


10:30 小倉口分岐。右に曲がりタカノスの尾根を一ツ石を経て1:20程降下すると林道に出る。ガラン沢に入渓する際にも利用されている、俗に「馬止メ」と呼ばれている所だ。分岐から小高山へ向かい5m程で、左に下りていくしっかりした踏み跡がある。魚野川支流小ゼン沢源頭で、5分程降下すると水場がある。


10:50 小高山。晴れていれば眼下に天狗平が見える。どのような理由か分からないが、その平らの湿地帯に天狗池が出現することがある。


11:10 大高山ー小高山間の鞍部。樹林帯を抜ける手前に左に降下する道がある。五三郎小屋へ3分ほどで着く。小屋までで、行き止まりだ。小屋の目の前に魚野川支流小ゼン沢源頭の沢水が流れている。小倉口分岐の源頭と下流で合流している。小屋はブロック建ての立派なもので、15人くらいは泊まれるだろう。ただ、屋根のトタンに穴があき、中二階の柱が折れ、床が斜めになりとても寝られる状態でない。なんとか修理復元できないだろうか。昼食を済ませ12:00出発。


12:25 大高山。これよりカモシカ平まで六合山岳会が2年整備した思いでのルートである。山頂でチェーンソーに給油中火を付け燃やしてしまい、ついでに火傷を負ったのは私です。(胸を張って云えることか?)


13:10 カモシカ平。鞍部の最低部が十字路となっている。右は展望出来るところで行き止まり。左は水場までで、これも行き止まり。そして正面が高沢山への登山道。その高沢山への登りが本行程中最後の登り。これより先は毎年整備している。


13:36 高沢山。


14:10 エビ山。


15:00 野反湖ロッジ。到着!ビールがうまい!!


総評
 全行程9時間なかなかの長丁場。岩菅山ー切明間のコースに匹敵するコースで健脚でなければ無理であろう。しかも清水から大沼池まで車を使用しているので一般のコースタイムは11時間位にするのが妥当であろう。また、大沼池から小倉口分岐まで水場がないので暑い日などは注意が必要だ。復元されたコース上の各分岐に道標が無いのも気になるところだが、おいおい整備されることと思います。


最後に、五三郎小屋の整備復元を望みます。


Date: Tue, 21 Oct 1997 From: Hayasi   素晴らしい情報ありがとうございました。97年版エリアマップにも通行不能となっていましたので、諦めていました。 野反湖に車を置いて、赤石山・岩菅・切明と三角形に歩いてみたいと思っていました。テントとシュラフを持っての単独行です。


追加事項(2000/12/18)
 各分岐には立派な道標が設置されました。また、大高山~小高山間の鞍部から、天狗池迄、これも行き止まりだが、整備されました。

↑Top