00/09/09舞茸from魚野川

 昨夜(10日深夜)からの降雨が、いよいよ本格的になってきた。「あれ!変だ!いつもの詰めと状況が違っている。」あと高度で100m遡上すればオッタテ峠という地点で、その異変に気付いた。普段なら涸れているかチョロチョロ流れる最源流部が、白く泡立つ水に占拠されていたのだ。


 ここで、この文を読まれている人は???と、思うかも知れない。 沢・川は下流に行くほど水量が増え、上流部に行くほど水量も少なく、最源流部なら安全と思っているのではないだろうか。もちろん、圧倒的な水のエネルギーは下流部に軍配が上がる。しかし、沢・川が変貌するという点では、全く同じなのだ。


 11日、本流では、約20cmの増水で、薄濁りはあるものの渡渉には問題なく、帰路支流の小ゼン沢を目指した。


 今回、入渓する直前まで天気図を調べ、台風の進路が逸れるのを確信し、予報でも「大きく崩れる心配ない」との報だったので、多少の雨でも余り気のかけなかったのだが、支流に入ってから様相が変化していた。


 普段水も流れていない枝沢が、白い筋となって流入していたのだが、特に支障無くドンドン高度を稼ぐ。そして、最後の胸先八丁、登り時間にして30分辺りから、その異変に気が付いたのだ。


 狭い沢幅一杯に流れ落ちてくる水が白く泡だ立ち、ステップを隠している。


 想像して下さい。ビルの階段にゴンゴン流れ落ちる水を!水量は脛位なので、足がすくわれることはないが、階段と違って不規則な沢床を<足掛かり>で探りながら歩く手間を!岩に跳ね返った水を被り(どうせ汗と雨で濡れているが)手探りで<手掛かり>を捜す手間を!(源流部では巻き道は皆無。水の流れを避けるならば、ヤブ漕ぎしかない。雨の中のヤブ漕ぎの辛さ。判りますか?)


 結局、倍以上の時間を掛け、沢を詰めたのだが、思わぬ尖兵に不覚をとったのは否めない事実。そして帰宅後テレビで報道されていた豪雨災害。ここから僅か50kmも離れていない所でも記録的な豪雨があったとか。あー怖!背筋が寒くなった。


 しかーし!念願の舞茸の採れる木を発見しました。残念ながら、既に腐り、青カビが生えている状態でありましたが、時期さえ合えば確実にゲットできる木を遂に発見しました!


 腐る前の推定量はバレーボール大2個分。しかし木の太さから、年によってはもっと大きな収穫になりそうです。


 この木に巡り会うのに6年かかりました。ヤッタゼ!毎年この時期に入渓し、釣りは二の次、沢からヤブに潜り込み散々歩き回って見つからなかったこの繰り返しにやっと終止符が打てそうです。生来、飽きっぽいので、魚野川での舞茸探しもこれで終わりそうです。(極めることが出来ないタチなのです。)


 次は何して遊ぼうかな?ワクワク。(写真と文章。愉しかったこと、怒ったこと。この後も追加していきます。)


追記、写真が全滅と判明。


 毎回のことながら、焼き上がったプリントを見て落胆。私の住んでる地域で、ポジフィルムを安く上げるには一週間から十日懸かります。


 使い捨てカメラでは、二度と出会えない光景がピンぼけ。露光不足。「デジカメが欲しいー。」でも、精巧緻密な機械は私の山遊びには馴染まない。メーカーは忘れたが、「現場監督」の銘で売っているカメラが相当なのだが、いかんせん高い!(貧乏が悪いか!開き直る)


 気を取り直して。
 そういえば、魚野川行者事件で紹介した卒塔婆が新しくなっていました。
 真新しい卒塔婆で、設置は2~3週間以内ってところか。 そこには、「六性院常○(○:JISには無い、誉が見た目似ている。尚、六、言の併せ字)奉全居士追善菩提之宝塔。施主長野原警察」と、記されていましたが、妙な違和感がありました。
山では、感覚が鋭くなっているので感応しやすくなっているのです。


今日は此処まで、なんか気を殺がれた気分です。

↑Top