01/02/17白根火山ゴンドラ~山田峠ルート

 今年の一月は、天候が安定せず雪も大量に降り、毎日天気図を見てはため息をついていた。が、待ちに待った天候。天気図からも大きく崩れる心配はなさそうだ。いざ。


12:15 昼飯を食べる時間を惜しんで自宅を出る。白根火山ゴンドラ乗り場までは妻に送ってもらう。日曜で気温も暖かく大勢のスキーヤーで賑わっているが、ゴンドラには待ち時間無しで乗れる。気温はプラス4度。


12:55 兼用靴の紐を結ぶのももどかしくゴンドラに乗り込む。どうせ乗っている間は何もできないのだから、中で身支度を整え握り飯を頬張る。合い乗った二人の中年の男性が好奇心の目で見るがこちらは無関心を装う。


13:15 ゴンドラ終点(2020m)。ここでチョット思案。


 逢ノ峰(2109.9m)にリフトで登り白根レストハウス駐車場に滑り降りるか、等高線沿いに車道を巻くか。時間的には前記の方が早いが、リフトの終点駅の監視人にツアーを制止されたと人づてに聞いていたので、後記を選択する。


 本来なら正式にツアーカードを提出するのがマナーなのだが、パトロールに提出する際に細々な(どうでもいい)話しを聞かされるのを嫌ったのだ。(以前に嫌な思いをしている。)


 しかし、ゴンドラを利用する限り、出発点(自宅:妻)と到着点(横手山:山頂ヒュッテ)に詳細を伝えれば良しとする私の考えは間違っている。


 案の定というか途中パトロールに見つかってしまった。バツの悪い思いをしたが若いパトロールの人は咎めることもなく気さくに対応してくれた。


 住所氏名を伝え、渋峠ロッジに到着後パトロールに電話連絡入れることで許可してくれた。どうも、私には昔の居丈高なパトロールの印象が現在まで尾を引いているようだ。次回からちゃんとツアーカードを提出しよう。


 その後、凍った弓池を横断しR292に立つ。


13:40 白根レストハウスの一番西の駐車場(2018m)からは目指すケルンも見えシールを付け登りはじめる。


13:55 湯釜が見える肩(2100m)で周りを見渡す。高曇りではあったが日光連山など眺望は素晴らしく、しばし見とれる。

湯釜
湯釜


14:10 着雪が少なかったが何とかスキーを着けたままケルン(2160m)に到着。直後、観光ヘリが上空を旋回した。(かなり興ざめ。手を振るバカはしません。)

観光ヘリ
観光ヘリ

ケルンから横手山を望む
ケルンから横手山を望む


 僅かに雪の着く尾根を暫く北に向かい、再び鞍部となっているR292に降りるのだが斜面の上部3分の1に雪は無く途中までツボ足で降りる。


14:30 R292(2060m)。これより雪崩の危険を避けるため、坊主山の最高点手前のポールを目指す。そこから北東方向にトラバースするとポールが山田峠に向かって何本も立っている。


14:40 ポール群(2090m)はロープで結ばれ、それに沿ってツボ足で降りていく。

山田峠に下り始める
山田峠に下り始める


14:45 再びR292に降り立つと、そこが山田峠(2048m)だ。年間を通しての強風地帯で、R292も半分くらいしか着雪していない。


 脇にある避難小屋の中の様子を見ようとしたが、鍵が懸かっていた。車両通行可能な時期ならいざ知らず、この時期に鍵を懸けるとは。


 鉄板のドア、ピアノ線入りの小さな窓でおまけにビスで開閉できないよう止めている。構造体は石とコンクリート製では緊急時どうやって使用しろというのだ?

避難小屋
避難小屋


 ほぼ水平なR292を400m程進み車道が右にカーブ(2.5万図ではこのカーブは僅かで読み取れない)する地点(2070m)で、本来は真っ直ぐ15mほど登り上げ峰に出るのだが、シュプールが車道に沿って進んでいる。跡はまだ新しいようで私と同じ単独である。


 前出の雪崩の危険地帯よりも規模や斜度も少ないが、条件によっては雪崩れてもおかしくない地帯をトラバースするルートに突入している。この時期にしては暖かく、南南東斜面。当然、私は追従しない。


 単独ならこんな時「臆病者」と言われずに済む。アハ、気楽なもんだ。
 尾根から見下ろすと雪崩れた跡もなく無事通過したようである。(杞憂)


15:45 池ノ塔山下の見晴台(2160m)。


16:00 渋峠(2152m)。パトロールに到着の連絡をし、リフトで山頂まで登ろうとした時、運良く山頂ヒュッテの雪上車に出合い便乗させてもらう。


16:10 横手山頂ヒュッテ到着(2300m)。んー!やっぱりビールが旨い。

↑Top