03/05/28 「野反湖・三壁山遭難」に関する考察

 救助された昼過ぎ、静かになった山で冷静に原因を見極めようと遭難者と同じルートで三壁山(1974m)に登った。
結論を先に述べるなら、遭難は 「起こるべくして起こった」 と感じたのだ。例の痕跡まで付近を探索したその考察を述べる。

下の画像は、三壁山山頂から約100m野反湖ロッジ(ダムサイト)側に向かった地点。

偶然のトラップ
この場に立ち止まったあなたは、どちらに進路を取りますか?



 最初に断っておくが、遭難者を擁護するための記載ではない。ただ、事実関係と遭難に至った経緯を客観的に自分なりにまとめたかったからで、他意はない。

では、間違った進路(緑色線)を選択した根拠を下記 ポイント画像 を元に述べる。

ポイント画像 ポイント画像
野反湖ロッジへ降りる正規登山道は、赤色線。
そして、 遭難者が進んだであろう進路は、緑色線。


1.正規ルートを見落とした根拠、

1-1.三壁山山頂は、E-C方向の延長線上にあり、野反湖ロッジへ降りる正規登山道の尾根は、ポイント画像の赤色線上。つまり、右に派生しているが、Bでは雪で笹が倒伏し、本来なら表土の出ている登山道を隠している。

1-2.Aのビニールテープは今回の捜索で付けられたので無視するが、CからBへは、キックステップを要する雪の落差が1m近くある。

1-3.Cは、捜索者が捨てた杖である。(便宜上立てたが今はない)そこは標高1950m地点で、C-D-Eは、三引山に向かう尾根である。画像で解るように稜線上には木が無く開けた感じで明るく、雪代がまるで道路のように三引山方向へのびている。

1-4.画像では解りづらいが、C-D-Eは、実際には下り勾配である。そのせいもありD地点で正規の登山道に目を凝らしても視認できるものは何も無く、樹林帯にあるため暗い印象を受けた。(あまのじゃくの私でも初見の地であれば、暗い樹林帯に登山道があるとは思わないだろう)

2.誤ったルートEから突入した根拠、

2-1.Fの稜線は三引山である。E地点まで来れば、展望が利き(当日は好天であったと遭難者が述べている)野反湖から離れることに不安を感じ始める頃だ。しかし、偶然とは恐ろしいもので、雪代の切れている右下に登山道らしきものが出現(石を積んだ階段そっくり!)する。実際は空堀(涸れルンゼ)で、千沢支流、焼沢の源頭である。
最初は登山道と疑いもしなかったのだろう。しかも、その空堀を野反湖に注ぎ込む金山沢と勘違いしたら?。まさに、野反湖ロッジへの最短である。

2-2.上記の根拠は、記者会見の内容で遭難者は、ある程度の経験(読図能力)を積んだ登山者であると確信したからだ。実際、地形図を持参しており、そのまま降下したら野反湖に出られると思ったと答えている。(火の熾し方を聞いた限りでは、バリエーションまでこなすとは思えない)


別件:ここでは確認できなかったが、釣り人が残した鉈目やテープが登山道から外れた所にたまにある。これらは地元の釣り人が秘密のルートとしてささやかな思いを持って付けられたルートでその印に惑わされる事もあるだろう。(98/05/31「反省も込めて其の一」1-1-2,ビニールテープ)に関連。



概略図



3.総括、

 下りの際、複数からなる尾根では迷いやすいと言われている。しかし今回の遭難では、遭難者がファミリー登山であるがため十分な能力を持っていないと捉えている事と、同伴者に15歳の娘がいる事で比較的同情的であったため、近年の傾向である遭難者に鞭打つ様な発言はメディアの中では見られなかった。(私の知っている範囲)



 誰も遭難したくて遭難しているわけではない。遭難に至るメカニズムを検証せず外野がとやかく言うのは無責任だ。かく言う私は表沙汰になっていないものの、同じ2千メートル級の藪山で一晩明かした大馬鹿者である。96/07/18「遭難でしょ?」を参照。



 しかし、不思議に思う事がある。 あの現場に関して、雪が全て溶ければ、笹が起きあがり登山道が明確になり何の対策も必要ないだろうが、連日、捜索した捜対協(今回は消防団のみ)・警察と、登山道を実際に管理する関係者(役場、野反湖ロッジ)が、あの現場をそのままにして、何の対策も講じていなかった事だ。



 確かに、今回の捜索でAの様に赤色のビニールテープをブラ下げてはいた。しかし、下りの場合、写真撮影方向から見ない限り、ビニールテープは死角となり意味を成さない。逆に登りの場合、ビニールテープが無くとも迷うことはないのだ。



 登山者の目線と心理で現場を捉えるという観点が欠如している。早速、当日下山後、野反湖ロッジと村役場に対策を講じるよう要請した。近日中にも「際物である遭難した山に登ろう」と考える人もいるはずである。あの状態では、また同じメカニズムで遭難が起きても不思議ではない。(追記:03/05/31、季節はずれの台風で今日は土砂降り。よって入山者もなくラッキー)



 しかも、C-D-Eへと続く雪代には今回の捜索で大勢の足跡が残されているのだ。確かに2カ所に一辺1mで赤色ペンキで×印が雪上に記されていたが、見落とす事もあるだろうし、雪が溶ける内に読めなくなる。メジャーな雪渓ルートの様に頻繁に手入れするとでも言うのか?野反湖をベースとした観光村として飯を食っていくというのに、そんなことで勤まるのか?大いに疑問だ。個人経営の山小屋だって事故や遭難を防止するため登山道を手入れするは常識なのだ。



 ここに至れば、過去の教訓(97/10/24「過去の資料から」 )を活かし切れないもどかしさに虚脱感を覚える。



最後に、
 救助されるまでの足取りを埋めるためには遭難者へ直接インタビューするしかない。
そこまで至ると、私の分を越えた事であるので、此処までとする。(いずれ山と渓谷社あたりが特集で公開するだろう)



 また、雪代を歩く際に注意しても避けられない意外な危険がある。 雪の重みで倒されていた小径木の木が突然ムチのようにしなりながら立ち上がる事があるのだ。枝先が運悪く急所に当たれば命に関わる事もある。残雪の怖さはこんな所にも潜んでいる。



追記、
 救出ポイントは、焼沢の北。つまり、千沢に延びる三引山の尾根、標高1650m付近らしい。あと高度が20m低かったら南面の尾根に阻まれ携帯電話は使えなかっただろうし、P1764-P1636間の鞍部を電波が抜けたのだったら奇跡的といえる。(携帯の機種はAU)



 憶測ではあるが、千沢から12時間かけて登ったと遭難者が言ってるので、焼沢1560m付近の二段の滝を直登できず左岸を巻いたはずだ。(渓流足袋であれば直登は可能。巻くには左岸しかない)しかしそこは急斜面であり、実際、ホイストのワイヤー長がギリギリであった関係で、吊り上げるのに苦労したそうだ。



 仮に遭難してヘリの救助を待つ場合で移動できる状態なら、上空が開け、ヘリの前後のローターに障害が無いところで待った方が発見も救助も早くなることを記憶にとどめて欲しい。(でも、山の中では以外と良いポイントは無いんだよなぁー)

↑Top